しっかり対策して就職活動!

就活は自分探しをするところから

就活で身につけたマナー

新卒の学生が就活する上で、基本的な礼儀作法等のマナーは、最近では多くの専門の書物や雑誌が販売されているために知っている学生は多いです。
また最近では就活のための研修がおこなわれているケースもあり、多くの学生が参加して人気になっています。
挨拶一つにしても、ただ頭を下げることしか知らない学生に対して、腰から曲げること、そして曲げるにしても状況によってその角度が違うことなど、秘書検定の試験に出てくるようなレベルで実践演習してくれます。
全学生が知っておこなっているマナーにおいて、ライバルに差をつけるのであれば、そのような細かな部分で面接官をはっとさせるような行動をとるしかないのです。
また立ち居振る舞いも第一印象を良くするための重要な要素であり、それを普通にできることが評価にもつながります。
またこれら礼儀作法は実際に入社してからも活用できるので学生のうちから多くの企業を訪問して実践して身につけることが将来的にも大切になってきます。

就活のマナーはとても大切です

就活をする上でマナーをしておく事は非常に大切な事です。
面接官も人間ですので、しっかりとマナーを守った上で面接をしてもらう事がお互いに気持ちの良い面接をする事になります。
また、そのような知識があると判断してもらう事が出来た場合には、採用される可能性も高くなりますので、就活をする上でもプラスの要素になります。
例えば、スーツのポケットは外出時は出しておくものですが、室内に入った場合にはポケットは内側に隠すものです。
これは、本来では、汚れなどを防止するための機能として活用されるものですので、室内でポケットの事を放置している場合には、会社が汚いなどの印象を持っていると勘違いされる場合もありますので、しっかりと小さな事でも知っておく事が重要です。
その他にも、スーツのボタンは普段は止めていても、座る時には一つだけ外すものとして活用されています。
そのような小さなマナーでも知っておく事によって就活をより有利に進める事が出来ます。

COPYRIGHT(C)就活DiaryALL RIGHT RESERVED