しっかり対策して就職活動!

就活は自分探しをするところから

どんな就活セミナーを受けるべきか

就活セミナーは各地で開催されており、その種類も多様であるといえるでしょう。
例えば業種や職種ごとに設定されていることもありますし、面接でのマナーや言葉遣い、自己分析、会社選びなどを総合的に講義をするセミナーもありますし、それぞれ内容が特化している場合もあります。
これらの中から現在の自分に何が足りないのか、何を学ぶべきなのかをきちんと考慮した上で選択をする必要があるといえるでしょう。
仮にマナーにおいて不安がないにも関わらず参加してしまっては有益とは言い難く、時間とお金を無駄にしてしまいかねません。
また、就活セミナーに参加すればそれだけで知識やスキルが身に着くわけではなく、教わった内容をきちんと自分の中で整理し直して実践できるレベルに仕上げなければ意味がありません。
就活が不安だからといってそれらしいものをすべて受ければうまくいくわけでもなく、自分の置かれた状態をきちんと考えた上で選択をし、学んでいく姿勢が必要なのです。

就活セミナーに参加して自分を掘り下げ、企業の理解を図ろう

就活が始まった最初の頃は、セミナーに通って情報を収集するところから始まります。
大学で就職説明会を開催していることがあり、「就職活動とは」というところから始まって、内定を勝ち取るための面接対策までしてくれます。
初期段階では、自分は仕事で何をしたいのかを考える自己分析を行います。
自分が働くことの原動力となるものを見つけ出します。
お金のため、社会のため、出世欲のため、など素直な感情で考えます。
自分はどういうときに頑張れるのか、自分のアピールポイントはどこにあるのか、これまでの経験の中から掘り出し、面接での自己PRのネタを考えます。
それから、業界や企業について分析を行って、自分の願いを叶えられる会社はどこにあるのかを見つけていきます。
企業が行っているセミナーでは、企業の仕事内容を紹介してもらったり、実際に働いている社員の方から直接お話を伺える機会があります。
積極的に参加することで、企業理解に繋げることができます。

recommend

2016/7/22 更新

COPYRIGHT(C)就活DiaryALL RIGHT RESERVED